FC2ブログ

日韓の連携など不要・不可能。韓国の傲慢・欺瞞な主張に負けてはいけません。 #韓国

にほんブログ村 政治ブログ 政治・社会問題へ
 にほんブログ村

政治ランキング
本日の朝鮮日報より抜粋。

http://www.chosunonline.com/site/data/html_dir/2019/01/25/2019012580031.html

【コラム】文在寅大統領、日本に激怒するだけでいいのか

今年最初の国務会議(閣議)が終わった後、文在寅(ムン・ジェイン)大統領は外交部(省に相当)長官・法務部長官、法制処(省庁の一つ)長ら数人の閣僚を別に呼んだ席で、強制徴用賠償判決とそれに伴う韓日の確執に対する自身の見解を説明した。その要旨は「徴用被害者(徴用工)に対する賠償は日本企業の問題で、韓国政府が率先してはならない」「日本は不当な内政干渉をしている」などというものだったという。「日本に対してもっと強く出ろ」という指針だと解釈できる。出席者の一部が「日本企業だけの問題ではなく、これまで韓国政府も徴用被害者問題は解決したと判断してきた点を考慮する必要がある」との意見を出したが、文大統領はかたくなな姿勢だったとのことだ。

 数日後、外交部幹部が大統領府に行った。韓日関係で強硬一辺倒の対応を再考する必要があると建議するためだった。ところが、大統領府の参謀たちは「我々が(文大統領に)そういう話をしていないとでも思っているのか」と言ってこの幹部を帰らせた。

 強制徴用問題には歴史・法・外交・国民感情が複雑に絡みついている。このため、政府内でも意見がまちまちだ。中でも一番の強硬派が文大統領だそうだ。文大統領が年頭記者会見で、「日本はもっと謙虚な姿勢を持たなければならない」と言ったのは、それでも抑えた発言の方に属する。

 文大統領のこのような「信念」はどこから来るのだろうか。与党系のある関係者は「文大統領の個人的な経験が大きな影響を及ぼしている」と話す。強制徴用被害者が2000年に釜山地裁に日本企業を相手取り損害賠償請求訴訟を初めて起こした時、文大統領は「法務法人 釜山」の代表弁護士として原告代理人を務めた。金外淑(キム・ウェスク)法制処長も当時の弁護チームのメンバーだった。文大統領は「歴史的な意味があることだから手助けしなければならない」と一肌脱いだという。それから18年間の紆余(うよ)曲折を経て韓国大法院(最高裁判所)判決で被害者たちが救済を受けられる道が開かれたのだから、文大統領の感慨はひとしおだ。「弁護士・文在寅」が「司法判断に基づき、妥協することなく、日本から受け取れる物は受け取れ」と話すのは、ある意味当然のことなのだ。
だが、「大統領・文在寅」は弁護士の時とは比べものにならないほど多様で複雑な変数を考えなければならない。ところが、周囲の意見を十分聞いて考慮しているという話は聞こえてこない。「徴用被害者問題は1965年の韓日請求権協定で解決した」という見解を決めたのは2005年の盧武鉉(ノ・ムヒョン)政権時だった。当時この決定を下した委員会には文大統領も民政首席秘書官として参加していた。行政府がこれを覆すのは、司法府判決とはまた違う次元の負担だ。これに対する文大統領の見解はどうなのだろうか。

 文大統領が甘受しようとしている韓日関係悪化の「マジノ線(最終防衛ライン)」がどこなのかも不透明だ。安倍政権が圧力に屈し、韓国側が望む謝罪・賠償をするだろうと予想している人は政府内に誰もいない。両国の正面衝突は事実上、予定されているのも同然だ。そうした場合、北朝鮮の核の脅威に対応する安全保障協力に穴が開かないのか、経済的打撃にはどのように対応するのか、国際世論をどのように韓国側の味方につけるのか、責任ある当局者の説明を聞いたことがない。「歴史問題は歴史問題。将来のための協力は別個のもの」というむなしいスローガンがあるばかりだ。

 最初に原因を作ったのは日本で、それにもかかわらず反省しない日本の態度に我々全員が憤っている。しかし、大統領まで激怒するばかりで、現実的な突破口を見いだすための水面下の外交交渉をしないとすれば、問題はさらにこじれる。両国首脳の電話会談があってもいいところだが、その予定もないという。だからこそ、多くの外交関係者や専門家が「日本に容赦ないのはいいが、その後の戦略は何なのか。戦略があるにはあるのか」と文大統領に尋ねているのだ。


文大統領は、完全に日本を舐めています。韓国の嘘・欺瞞を全てをわかって、数と圧力の強化でで日本を貶めようとしています。

保守派新聞であるこの新聞社は、一見良識を装うとしていますが、正しい認識を持つ気はないのでしょうから「そもそも日本が。
悪い」と、反日無罪を主張します。

韓国の左派も保守派も完全に日本の敵です。日本が敵対視する気がないのに勝手に敵対視し続けています。つまり戦争を仕掛けられています。

絶対に、左派にも保守派にも妥協してはいけません。

文大統領が反日強硬路線をとり続けてくれれば、日本の反韓感情が高まり、いずれボロも出してくるでしょう。経済制裁をする状況にもっていかなくては。

但し、日本政府は正論を述べるだけでは絶対にいけません。防戦しているだけなら国際社会は韓国を信じます。
国際社会に日本の主張と韓国の誤っている点、ねらいを強く発信し続けなければいけません。

拉致問題の解決、核兵器対応に対して、日韓連携が必要など、片腹痛い。
絶対不要。むしろ邪魔。

さらに本日の朝鮮日報より、上記コラムへの読者の意見。

http://www.chosunonline.com/site/data/html_dir/2019/01/25/2019012580032.html

■賛成順
Jasonlee(jaele ****)さん
こいつは中国では集団暴行され、北の豚にはビクビクし、トランプ(米大統領)には人間扱いもされずに通訳も必要なく、フランスでは公の場で恥をかかされているのに、安倍(首相)のことは甘く見ているのか? 後にその高い付けは一般人たちが払うことになると分かっているのだろうか? こいつが「準備のできている大統領」だって? 世界でつまはじきされているのに?
賛成168反対1

パク・ヒナム(heepa ****)さん
無能で情けない主体(チュチェ)思想派政府は親中従北なので無条件反日・反米へ…人生を反対するためだけに生きてきたやつらにどんな政策やビジョンがあるだろうか? 国民はお前らのことを不安がっているよ…やめちまえよ…うんざりだ。
賛成135反対3

シン・チョルホ(sinch ****)さん
文在寅(ムン・ジェイン=大統領)の対日戦略は単純だ。まるで日本に対して厳格に対処するのが愛国だと思っている。大統領と言えばいろいろなことを考慮しなければならない立場だ。その中心には国益がある。文在寅の単純な頭では国益を損なうばかりだろう。
賛成112反対0

オ・ヨンギル(cie ****)さん
1982年に(北朝鮮の)金日成(キム・イルソン=主席)が言った「冠のひも戦術」:「南朝鮮は日本と米国という2本のひもが付いた冠で、このうち1本が切れれば風で吹き飛ばされる。その時こそ我々が南朝鮮を赤化統一する適期だ」ゆえに与敵罪(敵国と通じて自国や同盟国に敵対行為を取る罪)に該当する。
賛成106反対0

■反対順
キム・ビョンオ(kbo ****)さん
コメントを書き込む手先どもよ! それでも日本に一言言わなければ。やつら毎日○○持って振っていればいいのか?
賛成3反対35

キム・ミョンビン(docto ****)さん
1965年の韓日協定当時、一銭でも欲しかった韓国の貧しさと、個人請求権について明確な合意をしなかった交渉当事者たちの無能さ、あるいは無関心が、慰安婦・徴用者問題を引き起こして現在まで負担を与えています。過去の過ちの付けを次世代が払っているところなのです。
賛成1反対31

チョ・ドンアム(s ****)さん
残留している日本のやつら、親日売国奴たちの親類のせいで、日本のやつらは韓国をひどく見下している。だが、日本のやつらからすれば、売国奴が今もウヨウヨしている韓国がこっけいに見えるだろうよ。
賛成3反対18


傲慢・無礼・強欲な韓国からの完全なる決別を!!!




スポンサーサイト




にほんブログ村 政治ブログ 政治・社会問題へ
にほんブログ村

政治ランキング

よろしければツイッターもご覧ください。「大切な日本」https://twitter.com/oyEUiJAhoiUMcuq

コメントの投稿

非公開コメント

プロフィール

taisetunanihon

Author:taisetunanihon
福祉の仕事に従事し、人権や自由、日本人の価値、思いやりについて考えています。
諸先輩方から過去を学び、現在の反日勢力からの攻勢に憂いています。

最新記事
最新コメント
月別アーカイブ
カテゴリ
ブログランキング
検索フォーム
RSSリンクの表示
リンク
ブロとも申請フォーム

この人とブロともになる

QRコード
QR